ドラゴンボールが大大大好きです!

アニメは好きですが、最近のアニ…

アニメは好きですが、最近のアニメは全然わからなくて、萌え系とか学園ものとか全然わからなくて…。
有名な物はタイトルくらいはわかるけど…。最近のアニメの印象は、とにかく女の子がかわいいと思うこと。あと、声もかわいい。
でも、私はやっぱり自分が子供のときから見てきたアニメが好きです。ドラえもん、ドラゴンボール、ちびまる子ちゃん、ワンピースなどなど。今でも人気というか放送していたり、ご長寿人気番組ですよね。
小学生の頃は毎週くぎ付けで見ていて、だんだん大きくなるにつれて忙しくなったり、オンタイムでテレビでは見なくなったりして、でも漫画やキャラクターとしては身近にあって。
一緒に育ったというと大げさになるけれど、でもそんな感じです。
声優さんが代わったり、しばらく見ていないうちに新しいキャラクターがいたりなんていう軽いカルチャーショックを受けたり、色々な事があるけれど、今なおテレビで当たり前のように放送しているのを見ると時代を感じるし、でも決して古い訳ではない、少し不思議な感じがします。
では、大好きなドラゴンボールの話。
これ、漫画の背表紙をつなげると絵になってるんですよね。発売されるたびに買っていたのでその印象がとても強いです。そして、テレビの放送は必ず弟2人と揃って3人で見ていました。
天下一武道会のまねをして遊んだり、スカウターバトルで遊んだり、ドラゴンボール(スーパーボールだったのかな?)を集めたり、とにかく思い出がいっぱいあります。
好きだった男の子にピッコロの下敷きをもらったり、フリーザはどこまで変身するのかで話題が持ちきりだったり、学校でも大人気でした。
殺人事件が起こった時、先生から「シェンロンに頼むと人は生き返るけど、実際にはそんなことはなくて、一度死んだ人は生き返らない。人の命は一回きりなんだ。」と言われた事も覚えています。
子供ながらにアニメから学ぶ事もたくさんあったように思います。
そして、なんと言っても一番驚いた事は、悟空と悟飯の声優さんが同じだったという事。あれ、初めて知った時は衝撃でした。
だって、全然違いますもんね、大人と子供だし、戦ってる時こそ似ているけど、最初の頃はタイプも全然違ったし。声優さんてすごいなと思いました。
声優つながりで、最近の出来事ですが、波平さんの事。
サザエさん、ここ数年見る機会がなかったのですが、あの波平さんの声が最後だという回はテレビをつけました。数年ぶりに聞いたのに、よく聞き慣れていて、それまでは当たり前だった物が無くなる寂しさを感じました。
大人になったいまでも、アニメは何かを考えたり、学んだりするきっかけを与えてくれているのかもしれませんね。

借金返済のスペシャリストである私がよく使う方法とは